エコドライブ研究所


新車へ買い換える前に、もう一度愛車の燃費性能を最大限に発揮してみませんか?

〜エコドライブと自動車の環境保護商品『インテークマジック』をご紹介するサイトです〜
     
トップページ エコドライブ講座 インテークマジック シルビアの燃費 テストドライブ お問い合わせ
 
 

  エコドライブ講座







今日から実践! エコドライブ講座 〜目指せ!カタログ値以上の燃費!!〜

エコドライブ講座 第4回 減速時の注意点とコーナーでの注意点


・減速は早めに行い、エンジンブレーキを使う


レースではブレーキは極力我慢して、ギリギリまでアクセル全開です。
エコドライブでは、赤信号や前車が停車する分かった地点で、まずはアクセルをoffにしてエンジンブレーキを利かせます※1,※2

そして、出来ればフットブレーキではなく、ギヤを落として、エンジンブレーキを強めることによって減速しましょう。これは、下り坂での注意点で述べた理由と同じです。フットブレーキを使うのは、最後に完全停止する時でいいと思います。減速時は状況をある程度予測して、無駄にアクセルを踏むことなく、惰性をうまく利用しましょう。

※1
但し、エンジンブレーキはブレーキランプが点灯しないので、急激過ぎるエンジンブレーキは後続車に対して非常に危険です。程よい減速感を得られる程度にしましょう。

※2
減速時にエンジンブレーキが利きすぎてしまった場合は、ギヤをニュートラルに入れてスピードをコントロールすることもできます。但し、これは上級者のテクニックです。長い下り坂でニュートラルはブレーキのフェード現象を起こしやすく危険ですし、平坦な道で運転に余裕のある方は試してみて下さい。

こういう緩やかな減速をしていると、減速している間に青信号に変わって、完全停止する必要が無くなる場合が結構あります。フットブレーキのみで急停止してしまうと、完全停止しなければならない確率が高くなってしまいます。

・ハンドルの切り方について

ハンドルを切っている時は極力アクセルを踏見込まないようにしましょう。ハンドルを切っている時というのは、舵角抵抗が働いていて、アクセルを踏み込んでも直進状態の時のようにスムーズに加速してくれません。

コーナリング中はアクセルoffかアクセルを一定に保ち、アクセルを踏み込むのは極力ハンドルが真っ直ぐになってからというのを心がけて下さい。

コラムトップページ
第1回 発進時の注意点
第2回 定速走行時の注意点
第3回 上り坂、下り坂での注意点
第4回 減速時の注意点とコーナーでの注意点
第5回 停止時の注意点
第6回 車両について
第7回 その他の注意点とエコドライブのメリット
第8回 まとめ

Copyright © 2010 エコドライブ研究所 All rights reserved.
by TA-Creative