エコドライブ研究所


新車へ買い換える前に、もう一度愛車の燃費性能を最大限に発揮してみませんか?

〜エコドライブと自動車の環境保護商品『インテークマジック』をご紹介するサイトです〜
     
トップページ エコドライブ講座 インテークマジック シルビアの燃費 テストドライブ お問い合わせ
 
 

  エコドライブ講座







今日から実践! エコドライブ講座 〜目指せ!カタログ値以上の燃費!!〜

エコドライブ講座 第3回 上り坂、下り坂での注意点


・上り坂について


上り坂ではスピードの落ちるのを見越して、上り始める手前からアクセルを踏み込むようにしましょう。その方が慣性力を有効に使えますし、スピードが落ちてきて上り坂の途中からアクセルを踏み込むよりも燃料の消費を抑えることができます。

それでも、急な勾配で速度が落ちてきて、アクセルを踏み込んでもスピードが上がらない場合は、ギヤを一速落として走りましょう。ここでは速度が落ちすぎる前に、ギヤを落としてあげることが大切です。速度が落ちすぎてしまうと、ギヤを落としたとしてもアクセルをたくさん踏み込まなくてはなりません。

AT車の場合ですと、オーバードライブをOFFにしたり、2速に入れたりするといいと思います。キックダウンをするまでアクセルを踏み込むよりは、自分でギヤを落として走ったほうが、スピードの落ち込みも少なくいいと思います。

上り坂では、慣性の力をうまく利用することと、勾配をある程度予測して、最適なギヤを選択することで、燃料の消費を最低限に抑えましょう。

・下り坂について


下り坂ではエンジンブレーキを活用しましょう。これは、エンジンブレーキを使うことによって、燃料カット機能が働く為です。燃料カット機能は、一般的な自動車の場合ですと、アクセルoffの状態で、エンジン回転が1500rpm以上くらいで働くと言われており、この間はニュートラルでアイドリングの状態で走るよりも燃費が良いのです。よって、下り坂では上り坂で使ってしまった燃料を取り戻すつもりで、エンジンブレーキを有効に使いましょう。

エンジンブレーキを使うことによって、ブレーキのフェード現象も起こりにくくなりますし、安全の面でも非常に有効です。

コラムトップページ
第1回 発進時の注意点
第2回 定速走行時の注意点
第3回 上り坂、下り坂での注意点
第4回 減速時の注意点とコーナーでの注意点
第5回 停止時の注意点
第6回 車両について
第7回 その他の注意点とエコドライブのメリット
第8回 まとめ

Copyright © 2010 エコドライブ研究所 All rights reserved.
by TA-Creative