エコドライブ研究所


新車へ買い換える前に、もう一度愛車の燃費性能を最大限に発揮してみませんか?

〜エコドライブと自動車の環境保護商品『インテークマジック』をご紹介するサイトです〜
     
トップページ エコドライブ講座 インテークマジック シルビアの燃費 テストドライブ お問い合わせ
 
 

  エコドライブ講座







今日から実践! エコドライブ講座 〜目指せ!カタログ値以上の燃費!!〜

エコドライブ講座 第2回 定速走行時の注意点 (実践編)


定速走行時の実践編としましては、

アクセルの位置を固定する。

これに尽きます。

例えば、平地を50km/hで定速走行する場合ですが、この場合でもアクセルの位置を固定できずに、微妙に動いてしまうドライバーが多くいます。

その理由を聞いてみると、

『めんどくさい』であったり、『アクセルを一定にを保つのは難しい』

であったりします。

ですが、実は、これができるのとできないのとで、結構燃費が違ってきます。

運転に自信のある方の運転であっても、これができていないドライバーはとても多いです。
レーシングドライバー仲間の運転でも、これができていない人はたくさんいました(笑)
(レースの場合、ストレートではアクセル全開ですので…)

そういうドライバーの車の燃費は、決まって悪いし、それを車のせいにしてしまうのです。

最初は難しく感じてしまいますが、トレーニング方法としましては、まずは、アクセルを固定することに注力してみてください。

まずは、自分の感覚をある程度信じて、『50km/hはここだ!』と決めた位置でアクセルを動かさないで固定します。

そして、アクセルを固定した位置でのスピードを確認し、

スピードが不足していればゆっくりと踏み足し、
出すぎていればゆっくり戻すといった具合です。

そして、目標とするスピードになったら、そこで再びアクセルを固定します。

最初にスピードに注力してしまうと、アクセルの位置を固定するのは難しくなってしまうようです。
ですが、逆の発想で、アクセルの位置を固定するのに慣れてから、スピードを気にするようにすると、それができるようになってきます。

もちろん、スピードの出しすぎは危険ですので、最初はできるだけ踏み足す方向で挑戦してみてくださいね。


Copyright © 2010 エコドライブ研究所 All rights reserved.
by TA-Creative