エコドライブ研究所


新車へ買い換える前に、もう一度愛車の燃費性能を最大限に発揮してみませんか?

〜エコドライブと自動車の環境保護商品『インテークマジック』をご紹介するサイトです〜
     
トップページ エコドライブ講座 インテークマジック シルビアの燃費 テストドライブ お問い合わせ
 
 

  アクセルを一定に保つメリット

・アクセルを一定に保つメリット

前回の記事(慣性の法則を理解する)で、自動車の持っている慣性の力をうまく利用するために、アクセルを極力一定に保ち、穏やかにコントロールすることの大切さについてお話させていただきました。

今回は、燃料消費の面から見て、アクセルを一定に保ち、穏やかにコントロールすることのメリットをお話させていただきます。

ガソリンエンジンは、ガソリンと空気の混ざった混合気をシリンダー内で燃やしています。
このガソリンと空気の比率を理論空燃比といい、通常14.7(燃料1に対して、空気が14.7)になるように制御されています。

ところが、アクセル一定でエンジンにかかる負荷が軽い状態になると、燃費を良くする為にコンピュータが理論空燃比よりも空気の量を増やすように制御を始めます。

つまり、燃料1に対して空気の量を14.7以上に制御し、燃料の消費を抑えるわけです。
アクセルを一定に保つ時間が長いと、この恩恵を長く受けることができます。

逆に、急激にアクセルを踏み込んだりしてしまうと、今度は燃料の量を増やすように制御を始めます。
つまり、燃料1に対して、空気の量が14.7以下に制御されるわけです。
この場合、強力なエンジンパワーは得られますが、燃費が悪化してしまうのは言うまでもありませんよね。

このように、アクセルの踏み方ひとつで空燃比は変わります。
加速する場合でも、アクセルを穏やかにコントロールすれば、理論空燃比よりも燃料が濃くなることはありません。

このことからも、アクセルを極力一定に保ち、穏やかにコントロールすることの大切さが分かりますね。
エコドライブをする上での参考にしていただければ幸いです。
Copyright © 2010 エコドライブ研究所 All rights reserved.
by TA-Creative